2005年11月21日

ソニーが新ウォークマン iPod本格追撃

====CNET JAPAN====

ソニーが新ウォークマン iPod本格追撃


 成長著しい携帯音楽プレーヤー市場で19日、日米の二大メーカーによる
寒さも吹き飛ばす熱いバトルが始まった。

ソニーが年末商戦に向けた新製品「ウォークマンAシリーズ」を同日、
国内で一斉に発売。

トップを独走する米アップルコンピュータ「iPod」の本格追撃に入った。


 「携帯電話みたい。簡単!」。発売日に試聴した女性客が驚いた。
携帯のような形で、操作性を向上させたソニーの戦略が当たった。

「iPod」を研究し尽くし、漢字表示の五十音順曲検索など、
ライバル機にはない機能を実現した。

価格はオープン(6GB機で2万9000円前後)。

 日本の携帯音楽プレーヤー市場は、2005五年度で全世界の
約1割に当たる約500万台が見込まれる。

4年後には1000万台以上との予測もある。業界推定で4−5割強の
シェアを維持するアップルに対し、ソニーは2割前後。

 「ウォークマン」ブランドで世界に一大ムーブメントを起こした
ヘッドホンカセットも、いまや音楽はデジタル化され、パソコン経由で
プレーヤーに取り込んで聴く時代。

切り開いたのはアップルだった。

「時代を先取り」するソニーのお家芸はとって代わられ、追いかける立場にある。

 登場から26年、CDやMDタイプも含めて累計3億5000万台以上を
出荷したウォークマン。

今回の新製品で全世界の販売台数を05年度に前年度比:約5.3倍の
450万台に引き上げる計画だ。


========================

10月に発表になった,SONYの『Aシリーズ』が発売になりました.

ぱっと見では,デザイン的にはまあまあかな.

大きさと重さについては,iPodと比べると,
かなり分が悪いですね.

<SONY A3000シリーズ:20GB>
外形:
65.2×104.2×21.4[mm],182[g]

<SONY A1000シリーズ:6GB>
外形:
55.0×88.1×18.7[mm],109[g]

<iPod>
外形:
61.8×103.5×11[mm](30GBモデル),136[g]

61.8×103.5×14[mm](60GBモデル),157[g]


SONYから,強調されてるのは,『操作性』と『再生時間』かな.

iPodのバッテリーは,以前から問題視されていることなので,
これに関しては,SONYに分があるかも.

大きさは気にしないけど,連続再生時間が気になる方は,
iPodより,こっちの方がいいかもしれないですね.

[ウォークマン]NW-A3000:20GB,¥32,800(税込)



[ウォークマン]NW-A3000/B:『ソニースタイル』限定モデル,20GB,¥30,800(税込)



[ウォークマン]NW-A1000:6GB,¥26,800(税込)



[ウォークマン]NW-A1000/B:『ソニースタイル』限定モデル,6GB,¥28,800(税込)



人気blogランキングへ

banner_03.gif
posted by podlife at 13:00| Comment(2) | TrackBack(4) | SONY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月04日

メッセージ刻印ができる!ソニースタイル、限定のペアウォークマン発表

====CNET JAPAN=====

メッセージ刻印ができる!ソニースタイル、限定のペアウォークマン発表

ソニースタイルは、オンライン販売サイト「ソニースタイル」で、
2GBのメモリーを搭載したウォークマンを2つセットにした
「Winter Special Package」を11月30日より販売する。

価格は5万2500円(税込、送料別)で、2005個ペアの限定販売だ。


 基本機能はスティックタイプの「NW-A608」と同じだが、
色は冬らしい「スノーシルバー」で、雪の結晶が舞い落ちる、
専用のスクリーンセーバーを搭載している。

本体背面の右下には、15文字までのメッセージを刻印できる
のも特徴のひとつだ。

 各ウォークマンには、透明な「クリスタルケース」と
ブラックのフチ付きの「ブラックボックスケース」
オリジナルケースが付く。

パッケージもこだわり、おしゃれにラッピングされた
「スペシャル・ボックス」に包まれるという。

これからの季節のプレゼントにもピッタリだ。

============================

クリスマスプレゼントにいいかも.

プレーヤー自体は,『NW-A608』と同じものみたい.

■記録媒体:内蔵メモリー
■付属充電池:内蔵型リチウムイオン
■電池持続時間:50時間※2
■外形寸法(幅×高さ×奥行/mm):84.9×28.8×13.9
■質量(充電池含む/g):約48g




icon
icon



限定モデルは,落ち着いたシルバー.この色,結構好きだなあ.


刻印のサービスもうれしいし.

限定らしいので,すぐ無くなっちゃうかも.
下のリンクをクリックして下さい.↓

Winter Special Package
icon


icon
icon


人気blogランキングへ

banner_03.gif
posted by podlife at 12:45| Comment(1) | TrackBack(1) | SONY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月01日

ウォークマン伝統のカジュアルデザイン!「ビーンズ」登場

====ZDnet Japan====

ウォークマン伝統のカジュアルデザイン!「ビーンズ」登場

MP3への対応など、方針を転換してからの
ソニーのウォークマンの新製品投入のペースは速く、
また製品はどれも力が入っている。

今回発表された秋モデルも、ウォークマン伝統の
「ビーンズ」デザインを採用し新しいユーザー層の
開拓をねらった意欲的な製品だ。

ウォークマンが初めて「ビーンズ」デザインを
採用したのは1996年、「WM-EQ2」というカセット
ウォークマンであった。

それまで小さく軽いこと、あるいは機能やバッテリーの
持ちを競っていたポータブルオーディオの世界に
新しい方向性を示した画期的な製品で、そのカジュアルで
親しみやすいデザインは大ヒットを記録した。

ここで紹介するネットワークウォークマン
「NW-E305/307」は、そのデザインを復活採用した
意欲的な製品。パソコンのヘビーユーザーを中心に
広がってきたメモリータイプのポータブルオーディオだが、
この製品をきっかけに、いっそう普及することが期待される。

=====================


ずんぐりむっくりした,カワイイデザインの『ウォークマン』.
ちょっとほのぼのとしてしまいます.

FMチューナーも内蔵.

バッテリーはUSBからのバスパワー充電方式.
再生時間は,最長約50時間 とあるけど,実際にはもう少し短いのかな.

フル充電は2時間ほどかかるけど,約3分の充電で約3時間の再生が
できる『急速充電』ってのもできるみたい.

重さは,充電池込みで,わずか45[g].

512MBは,ちょっと物足りないけど,
『とりあえず,使ってみたい!』って人には手ごろな値段ですね.

SONY Styleにて 販売価格:14,800円

[ウォークマン]NW-E305





人気blogランキングへ
banner_03.gif
blogランキングに挑戦中です.クリックして下さいね!
posted by podlife at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | SONY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月06日

「古き良き時代はもう来ない」--ソニー、新ウォークマン発表

====CNET JAPAN=====

「古き良き時代はもう来ない」--ソニー、新ウォークマン発表

ソニーマーケティング9月8日、HDDタイプとフラッシュメモリタイプの
ポータブルオーディオプレイヤー「ウォークマンAシリーズ」5機種を発表した。


 「ウォークマンAシリーズ」のラインアップのうち、HDDタイプは大型の
有機ELディスプレイを全面に使用。

本体とディスプレイが一体化した曲線的な形状が特徴だ。

HDD容量が20Gバイトの「NW-A3000」(市場想定価格は3万5000円前後)と
6Gバイトの「NW-A1000」(同3万円前後)の2モデルがある。


 フラッシュメモリタイプのデザインは、現在人気を博している
NW-E400/E500とほぼ変わらない。
2Gバイトのフラッシュメモリを搭載した「NW-A608」(3万2000円前後)のほか、
1Gバイトの「NW-A607」(同2万7000円前後)、
512Mバイトの「NW-A605」(同2万2000円前後)の3種類がある。


日本でほぼ同時間に発表されたアップルコンピュータの
ポータブルオーディオプレイヤー「iPod nano」の発表を受けて、
発表会場ではiPodに対する戦略への質問も多く飛んだ。

これに対し、ソニー コネクトカンパニーコ・プレジデントの
辻野晃一郎氏は「アップルは、従来ソニーが得意としていた
新しいライフスタイルの追求に成功している。
ソニーは出遅れた。ソニーは同じ土俵ではなく、ソニーの総合力を生かす」
とコメントした。

 ポータブルオーディオプレイヤーのブランド名は、これまで
「HDDウォークマン」「ネットワークウォークマン」などさまざまな
言い方がされてきたが、今回より「ウォークマン」と名称に統一した。

名称を決めるにあたって、社内では、ウォークマンというネーミングは
古いのではないかという議論もあったという。
しかし、ライフスタイルなどに大きな影響力を与えてきた「ウォークマン」の
ブランド名を原点として、甦らせることを決意。

「古き良き時代はもう来ない」(辻野氏)と覚悟を決め、
「商品をゼロから見直し、こだわった自信作」と力強くアピールした。

==========================

うーん,なんだか,ソニーってこんな会社だったかな?って感じですね.

発表になった商品見ると,割りに大きいし,重たそう.
値段も,ん?あんまり,パッとしないなあ.

『ウォークマン』がヒットした'80年代.

『音楽を持ち歩く』コンセプトを初めて打ち出したからこそ,
今のソニーがある訳で.

この発表になった機種で,ユーザーは何を得るのか?

新しいライフスタイル?
新しい価値観?

今まで,Appleの後塵を拝してきた教訓から何を得たの?

記事読んでも,全然,こう何と言うか,『ワクワク感』とか,
『明日,お店に見に行ってみようかな』とか,そういう気に
全くならない.
多分,明日には忘れてるような,そんな程度の存在感かな.


その点,AppleのCEO,スティーブ・ジョブスは,うまいですね.

HDDタイプのiPodにはない,耐振動性やコンパクトさなど,
既存の機種とうまく補完して,ユーザーのニーズをうまくツカんでます.


ソニーそのものが,『古き良き時代』の遺物になってない?

うーん,一時代を築いたソニー.

もっと頑張ってほしいなー.



Sony StyleロゴSP_468_60

[ウォークマン]NW-A3000/B




[ウォークマン]NW-A3000





[ウォークマン]NW-A1000/N





[ウォークマン]NW-A607








posted by podlife at 12:42| Comment(0) | TrackBack(1) | SONY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。